HOME事務所案内お客様の声社長のための経営ニュース無料セミナー
トップ > PDCA戦略会計ブログ > 節税 > なぜ、税務調査が来るのか?

なぜ、税務調査が来るのか?

ますます暑くなり、夜明けが早くなりましたね。

時々、朝早く起きてマラソンをしています。

マラソンをした日は・・・仕事がはかどりません(汗)


まだ身体が慣れていないせいか、疲れてしまうのでしょうね。。。

早く慣れて、朝から爽快!と行きたいところです!


■なぜ、税務調査が来るのか?

いまは、税務調査の季節です。

春(4~6月)と秋(9~11月)が、最も税務調査が多いシーズンです。

「税務調査の連絡が入ったので心配」と、ご相談に来た社長さんがいました。

また、「なんでウチに税務調査が来るのだろう?」ともおっしゃってました。


税務調査に入られやすい会社には、入られやすくなる理由があるのですが、
実は税務調査自体の目的ではないのに、税務調査があることもあります。

税務署は日頃から、脱税者を捕まえるために、あらゆる面から情報収集を行っています。

例えば、税務調査では、その会社の取引先や取引金額も情報として残しています。

また、税務調査に入らなくても、雑誌・チラシの広告から情報収集したり、
街を歩いていた際に見かけた駐車場の台数から、持ち主が確定申告を適正に
しているかまでチェックしているのです。

飲食店の場合には、事前に来店して飲食していたりもします。

つまり、税務署にとっては、常日頃から収集している情報が大事であり、
その情報を取るために、かなりの努力をしているのです。

そこで行われるのが、「情報収集のための税務調査」です。

その会社に税務調査に行くのですが、その会社が適正な申告・納税を
しているのかをほとんどチェックもせずに、その取引先や顧客データを収集しているのです。

本当に迷惑な税務調査なのですが、実際にはこのような税務調査もあるのです。


具体的には・・・

○保険の代理店のところに税務調査に入って、顧客リストを情報収集
 → 節税目的や資産家を洗い出しています

○証券会社やFX会社
 → 副収入を得ているのに確定申告していない人を洗い出しています

○不動産仲介会社
 → 不動産を売却・購入したのに確定申告していない人を洗い出しています。

この他にも情報収集のための税務調査は行われています。

もちろん税務署は、「情報収集のための税務調査なので、御社には関係ないですよ」
とは言ってくれません。

また、せっかく税務調査に訪問しているので、その会社の調査も行ないます。

税務調査が始まってみないと、「まさか情報収集のためだけなの?」ということはわかりません。

時間が取られて迷惑な反面、自社に追徴税額があまり発生しないので、
少し喜んでもいい種類の税務調査なのかもしれません。

ただ・・・、関わる時間が勿体ないですね。

そのような場合は、「書面添付制度」をお勧めします。

「書面添付制度」については、以前メールでお話しました。

詳しく知りたい方は、こちら↓でご確認ください。

「書面添付制度」の活用自体と効果をさぐる/企業実務2011年6月号

「書面添付制度」で税務調査省略!/蛭田会計ブログ

 

7日間で経営のコツを掴みましょう。登録簡単7ステップメールセミナーは完全無料です。

無料7ステップ経営セミナー

投稿者:税理士 蛭田昭史  2012年05月25日 12:42
無料7ステップ経営セミナー

無料7ステップ経営セミナー

 


 

節税

ご相談はお電話かメールでどうぞ。03-3490-3277