一緒に働く人を募集しています!(求人 税理士事務所)

現在、蛭田昭史税理士事務所では、メンバーを募集しています。

募集内容、蛭田税理士事務所について、詳しくは、このページをご覧下さい!!

税理士事務所の仕事というと、どうしても「数字に強いです」「1日中パソコンに向かっていても苦になりません」「税法は詳しいです」という部分ばかり強調される方がいらっしゃいます。

しかし、蛭田昭史税理士事務所が求める人材は少し違います!

この仕事で最も重要なのは、インターフェースだと思っています。

インターフェースとは、コミュニケーション能力です。

例えば、税法が変わったら、
○顧問先さんに、どのように変わったのかを、分かりやすくお伝えする力!
○顧問先さんにとって、どのような影響があるかを分かりやすくお伝えする力!
○顧問先さんにとって、どのように対応したら良いかを共に検討する力!
○顧問先さんにとって、どのように自社に有利に活用できるかを提案する力!

だと思っています。

いくら、税法に詳しく、数字に強くても、それを「対人」で活用する力が重要です。
私達が、向かい合うのは法律でもなく、パソコンでもなく、「人」です。

蛭田昭史税理士事務所の場合、この「人」は、社長さんや従業員さんです。

この「人」に対して、どれだけのことができるか!

蛭田税理士事務所では、この部分を重視しています。

税法に詳しいだけだったら、「税法オタク」と変わらなくなってしまいますね。
その税法や財務の知識を活用できて、初めて能力だと考えています。

(例えば、いくら腕の良いお医者さんでも、説明が分かりにくかったり、会話が成り立たなかったら、心配ですよね? 身体の相談もし難いと思います。)

提案であったり、報告であったりも、その企業について、社長さんの意向が理解できていないと、できませんね。

また、相手の立場になって物事を考える事の出来る方!

私達は、モノを作るお仕事ではなく、ご依頼いただく方に満足していただいて成り立っています。
自己満足で終わってはいけないと思います。

利他の精神(ひいては、他の方が幸せになってはじめて、自分も満足できる)が必要です。


よく私が、うちのメンバーと話します。
「もし、自分がある顧問先さんの会社の社長に、イキナリなったらどうしますか?」と。

方法は2つあると思います。

1つは、「現場に出て、従業員と一緒に汗を流し、自社の商品や中身を分かってゆく」方法。

2つ目は、「まず、色々な人(従業員やお客さん)から自社について話を聞き、自社の特徴をつかみ、資料からお金の流れを把握してゆく」方法。

私達は、この2つ目の方法を社長さんと一緒に行ってゆくのです。
(私達が、現場に出ても足手まといになるだけですからね(笑))


このブログをお読み頂いている方で、蛭田昭史税理士事務所で働いてみたいという方はいらっしゃいませんか!?
是非、お電話かメールでお問い合わせ下さい。

メール→info@hiruta-kaikei.com
お電話→03-3490-3277

募集内容、蛭田税理士事務所について、詳しくは、このページ(←クリック)をご覧下さい!!






(2007年04月02日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.