バランスの悪い決算書

先週の始めに胃腸炎にかかってしまいました。
(結局、かかってしまいました・・・)

いや~、本当に辛かったです。

トイレから出られず、そして、高熱です。

いま流行っている胃腸炎は、「吐く」「下す」「発熱」の3点セットのようです。

先週、そんな辛い思いをしたのですが、良かったこともありました。


少し痩せました(嬉)


では、本題に入りましょう!


■節税のタイミングの復習

少し時間がたったので、2週間前のブログの復習から行きましょう。

節税を考えるタイミングは、2つでした。

【期首の時点】と【期末3ヶ月前の時点】でしたね。


期首の時点では、会社と税負担と個人(社長)の税負担のバランスを検討した上で、

役員報酬額を決定して、計画を仕上げるという事でした。


最近では、「法人の実効税率 < 個人の実効税率」となるケースが多いので、

そこをキチンと試算して決定しましょう!という事でした。

なぜなら、役員報酬は事業年度の途中で変更できないからでしたね。


期末の時点では、「過去9ヶ月間の実績+これから期末にかけての3ヶ月間の予測」

を計算して、決算予測をしましょうというお話でした。


予測の利益から、「予測税額」と「予測キャッシュフロー」を試算する。

そのうえで、節税対策を決めてゆきましょう!というお話でした。

なぜなら、節税対策を講じると、キャッシュは減るからですね。

(節税して銭足らず・・・にならない為に!)

節税対策ごとに、次の3ステップを検討してください。


「この対策を講じたら、決算はこうなる」

「そして、税額はこれだけ減る」

「その結果、キャッシュフローはこうなる」


この3ステップを見極めて節税策を決定すれば、節税して銭足らず・・・

になりませんよ!というお話でした。


■バランスの悪い決算書

よく、バランスの悪い決算書を見かけします。

○役員報酬が高い割に、会社が赤字。

○役員報酬が低く、会社は好業績。

どちらもバランスが悪いのです。

「役員報酬が高いのに、会社が赤字」

会社は税金ゼロでも、社長は税金過多の状態です。

社長が会社にお金を貸していたりしています。

(つまり、会社が社長からお金を借りている=社長借入金)


気になる方は、決算書の勘定科目内訳書をチェックしてください。

借入金の内訳書に自分の名前があったら、それは社長借入金ですよ!


この「社長借入金」がウン千万円という決算書は結構あるのです!!!


この状態になっているという事は・・・

「高額な役員報酬を設定」
     ↓
「役員報酬を支払う」
     ↓
「お金が足りず、社長が穴埋め」
     ↓
「社長借入が増える」

会社と社長で、お金のキャッチボールをしている様なものです。

この状態になっているという事は・・・

役員報酬に対して、所得税・住民税・社会保険がかかった後のお金を

会社に戻しているという状態なのです!!!

とても勿体ないですよね・・・。

この無駄なキャッチボールは止めましょう!

特に、これからは、「法人の実効税率 < 個人の実効税率」の傾向が顕著です。

法人税率は下がる傾向にあります。

個人課税は上がる傾向にあります。


来年からは、1,500万円以上の役員報酬の社長は増税になります!
(税制改正で決定しました!)


必ず、期首の時点で事業計画をたてて、法人と個人の税負担を試算してから

役員報酬額を決定するようにしてくださいね!


☆★☆★編集後記☆★☆★

千葉県の習志野商工会議所で、セミナーを行なうことになりました。

日にちが近いですが7月3日(火)です。


「3つの材料で儲けの出る経営のコツ教えます!」というタイトルで、

午後1時から5時までの4時間やります。

料金も商工会議所の主催なので、3,000円とリーズナブルです。

まだ、3席ほど空きがあるそうなので、ご興味ありましたらご参加ください。


「3つの材料で儲けの出る経営のコツ教えます!」





(2012年06月29日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.