続!科学と経営とスポーツは同じである!?

■経営でPDCAをする際のポイント

前回は、生活の色々な場面でPDCAをしているのです!というお話でした。

今日は、経営でPDCAをする際のポイントをお話します。


PDCAで経営管理する際、私達がお話していることがあります。

それは・・・

「時間をかけすぎないで、P(計画)を作成しちゃいましょう!」


PDCA経営管理を行う場合、P(計画)をたてる事が重要なのではありません。


「比較対象」として活用するために、P(計画)が必要なのです!


素晴らしいP(計画)をつくる事が目的ではありません。

P(計画)と、実行した結果との“ちがい”を認識することが重要なのです。


■“ちがい”に注目!!

比較対象のP(計画)を活用して、C(検証)とA(改善)を次の3ステップで行います。

「1ステップ」
計画とちがった結果(の部分)はどこか?

「2ステップ」
なぜ、計画とちがう結果になってしまったのか?

「3ステップ」
では、計画通りの結果を得るためには、どのように改善したら良いのか?

この3ステップで、経営管理と改善をしてゆきます。


大切なのは、P(計画)ではなく、C(検証)とA(改善)なのです!


C(検証)では、自社の強みや弱みを把握できるようになります。

その上で、A(改善)ができるようになるのです。


ただし、より良いC(検証)をする為には、

業績を「縦切り」「横切り」で把握できる体制をつくっておく必要があります。

縦切りと横切りができていないと、“ちがい”がキチンと明確になってきません。

これは、大切なポイントです。

※「縦切り」とは、業績を全体ではなく、事業部ごとに把握すること。
 「横切り」とは、利益率を把握できるように、変動費と固定費を分けて把握すること。


P(計画)をたてることに、時間を使いすぎて疲れてしまい、
その後の大切なC(検証)とA(改善)ができない社長さんが多いです。

C(検証)とA(改善)をする為のP(計画)なのです。


例えば、「今期は、前期並みの業績を出すことが目標!」であれば、

昨年の実績が、比較対象のP(計画)であってもよいのです!

P(計画)は、素早く立ててしまいましょう!


経営管理の大前提である、「縦切り」「横切り」「比較対象であるP(計画)」を揃えること。


この3点セットが揃っていれば、あとはキチンとC(検証)をして、

A(改善)をしてゆけば経営体質は強くなるのです!


スポーツではPDCAするのに、経営は行き当たりバッタリ!?というのは、おかしいですよね!?

難しく考えず、やってみましょう!!





(2012年06月13日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.