葬儀のルール

年末になり、喪中のため年末新年のご挨拶を遠慮させていただきますという、いわゆる喪中ハガキが届くようになりました。

これから寒い季節になると、お亡くなりになる方も増えてしまうのでしょう。

私は職業柄、多くの葬儀に立ち合わせていただく事が多いですが、その都度悲しい思いをしてしまいます。

葬儀業を営む顧問先の社長さんが本を出版されました。

葬儀のルール 清水宏明 エル書房

人生で何度も経験することのない葬儀について。

肉親が亡くなるということ。

亡くなられた方、遺族の方々にとってよりよい葬儀とは、について記載されています。

読んでいて、涙が出てしまうエピソードも。


最近の家庭環境の多様化により、葬儀の形もさまざまになってきます。

当然、各家庭での葬儀の在り方もさまざまです。

清水社長の会社、株式会社 神奈川こすもすさんでは、多様なご要望にお応えする葬儀をされています。

そんな清水社長ならではの書籍だと思いました。

故人の見送り方、葬儀についてを考えるには、お勧めの本です。





(2011年12月08日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.