絶対潰れない、会社経営法

社長さんの仕事は、経営判断をすることです。

では、どのように自社の状況や業績を把握し、「経営判断」していますか?

○試算表を見て経営判断している?
○業績管理表などを見て経営判断している?
○決算書を見て経営判断している?

これでは、難しいと思います。
なぜなら、経営の前に、経理の勉強をしなければならないからです。

経理をやっていたという社長さんなら別ですが、
経理身の社長さんの割合は少ない気がしています。

では、
○感覚で経営判断している?
○現金預金の残高で経営判断している?

これでは、資金繰りが心配です!

イザとなった時では遅すぎるとなってしまいます。


絶対、つぶれない会社経営法とは、「とても簡単」で、「経営体質が強くなる」方法です。


難しいことは全くありません。

実は、経営管理と健康管理は同じなのです

皆さんが健康管理する場合は、常に比較をしています。


○“過去の自分”と比べてどうか?
(体重が増えたなぁ。血圧が上がったなぁ)

○“理想の自分(目標)”と比べてどうか?
(あと10キロ体重が減ったらなぁ。
あとウェストが5センチ減ったらなぁ。)

○“同世代の平均”と比べてどうか?
 (自分は○○歳の割には少し血圧が高すぎるな。
私は○○歳の割には体脂肪率が高い。)


このように、

“過去の自分との対比”
“目標の自分との対比”
“平均との対比”
をすることで、現在の自分を深く把握できるのです。

そして、現在の自分をキチンと把握したあとで、目標とする自分になる方法を
模索するのです。(時には、お医者さんと検討する場合もあるでしょう。)

(1)自分を比較対象と比べる
     ↓
(2)比較対象と“ちがう部分”を素早く、より深く認識する
     ↓
(3)ちがう部分を目標に近付ける方法を模索する


現在の自分の状態を認識するには、この“比較をする”ことで、素早くできます。

自分の血液検査の検査データ“だけ”を見せられても,自分の状態は分からないですよね?


経営状態の把握も同じです。

過去の自社との比較
同業他社との比較
自社の目標との比較

を行ない、【ちがっている部分】をキチンと認識することで、自社の強み弱みや現状の認識ができるのです。

重要なのは、その後の対策です。

健康と同じように、”ちがい”に留意して経営を行なっていれば、自社の変化にもすぐ気づくことができます。

また、ちがいにフォーカスしながら
○過去の自社との比較
○同業他社との比較
○自社の目標との比較
をしていれば、決算書の仕組みも分かり、自然に読めるようになります。

参考:
ちがいにフォーカスしての経営管理についての記事
「儲かる会社のキーワード」





(2009年07月22日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.