トランスフォーマー経営を目指せ!2

例えば、来期の計画をつくるとき、皆さん計画を練るのは頭使うので、嫌がります。

結果オーライならいいじゃないか!?

よく分かります。

では、結果オーライにならなかったら、どうしますか?
蓋を開けてみたら、思っていた程業績が伸びていなかったら、どうしますか?

皆さんこうおっしゃいます。
「その時に考えればいいんだよ。」

遅いんです!!

業績が落ち込んだ時に、現状、原因を分析して、その結果、対策を講じるのでは遅いのです。

普段から、現状を踏まえた目標を設定しておき、その目標(昨年の実績でもよいのです。)と比較してタイムリーに状況を把握していれば、対策をすぐに講じることができます。この差は大きいと思います。

たとえば、プロ野球。
年間144試合、優勝ラインが○○勝として、投手ごとに勝ち数を見込んでいます。

この「見込み」がズレるから、優勝戦線から離脱してしまうのです。例えば、主力選手や助っ人外人の故障など。

見込みが外れても、隠しだまがあれば、乗り切れます。

この隠しだまを複数、持った上で経営しましょう。

この隠しだまを活用すること、環境に応じて経営形態を変更しつつ行う経営を、映画にちなんで、「トランスフォーマー経営」と名づけました。

これから複数回に渡って、記載していきたいと思っています。





(2007年08月13日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.