「会社設立 東京」というブランド

会社設立での成功や事業拡大を目指す場合、
経済の中心地であり多くの情報や人々が行き交う
首都・東京での事業成功を考えます。

それは、会社設立などに限ったことではないでしょう。

東京という名称が加わると、その名称だけで惹かれてしまうというようなことも多く存在します。

例えば、まったく同じ会社を経営していたとしても、東京という名称が加わると、
そちらに目がいく可能性が多くそれが事業成績をも影響を及ばす力を持っている
といっても過言ではありません。

もちろん、そうしたブランド名以外にも東京では毎日、多くの情報と人々が行き交い、
会社経営をおこなう環境としては最適と呼べるでしょう。

東京というブランドは非常に価値が高く、
ビジネスを行なう上で、非常に有利な場合が多々あります。
これが多くの経営者が東京というブランド名に拘る一因です。

株式会社○○ 所在地:東京

東京という名称を使用する為の方法を紹介いたします。

設立する会社の本店所在地を東京にする場合、
作成された登記書類を東京法務局へ提出する必要がありますが、
途中から本店を東京へ移転したい場合は、
どのような手続きを踏む必要があるのでしょうか?

東京へ移転する場合は登記申請する必要があるのですが、
その場合登記所の位置の確認と移転先に類似の商号が使用されていないか、
今後のトラブル防止のためにも事前に確認すると良いでしょう。

東京都に本店を持つ場合、会社の本店が他の地域に移転するとき、
6万円の登録免許税と、移転に必要な書類の添付が必要です。

それが東京同区内で行なわれる場合も3万円の登録免許税が必要となります。
しかし、東京同区内で行なわれる場合は定款の変更は必要ありません。

本店は東京以外の土地だとしても、支店を東京に進出させることにより周囲に
事業拡大・展開による成長と力を示すことが出来ます。

これは、支店設置登記申請が必要となりますが、
一時的に東京に営業所を設置する場合などはこれらは必要ありません。

会社設立の際、会社名(商号)を考えますが、
このとき、会社名に東京という言葉を入れてしまうという方法もあります。

所在地が東京などの、関わりがなくとも東京の名称を使用する施設や起業は多く存在します。

イメージの向上などを理由としており、実際、経営に影響をもたらすことも多いそうです。
これも一種の経営戦略として取り入れてみることもおもしろそうですね。





(2008年11月20日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.