いきなり、税務署がやって来たら!?

今は税務調査のシーズン真っ盛りです!

 税理士仲間にハナシを聞くとみんな、税務調査の対応で忙しいと言っています。

(ちなみに、蛭田事務所は書面添付を行なっているので税務調査はほとんどありません)


 さて、税務調査は通常1~2週間前に税務署から連絡が入ります。

「税務調査に行きたいのですが、○日はご都合はどうですか?」

 しかし、何の連絡もなく、いきなり調査官がやってくることもあるのです。

 朝、ドアをノックされて、ドアを開けると税務調査官が立っているのです。

 これは「無予告調査」と呼ばれています。
 

■「無予告調査」とは!?

 無予告調査はどの程度行われているのでしょうか?

 国税庁の発表によると、税務調査を行ったうち

「法人の約1割、個人事業主の約2割が無予告調査」と公表されています。


 かなり高い確率で無予告調査が行われているのです。
 
 事前の連絡がない税務調査がなぜ行われるのでしょうか?

 実際は、飲食店などの現金商売の場合に多く無予告調査が行なわれます。


 事前に税務調査の連絡をしてしまうと、タイムリーな現金の取り扱いが

 把握できないと考えているからです。


 しかし一方で、現金を取り扱っていない会社にも無予告調査が行われています。

 税務署が持っている情報から、「何かあやしい」「事前の連絡をすると

 税務調査がうまくいかない可能性が高い」と判断されると、無予告調査になるわけです。

 
■「無予告調査の対処法」

 残念ながら、無予告調査は法律的にも認められています。

 だから、税務調査官が突然会社に来たら、その場で税務調査を

 受けなければならないと考えがちです。


 しかし、実はそうではありません。法律的には・・・

 税務調査を受ける義務(受忍義務)はあるが、日時までは拘束されない。


「税務調査をします」と突然調査官が来ても、「他の日時にしてください」

 というのは「拒否」ではないため可能です。

 ここで、いきなり調査官が来た場合の対処法を書いておきます。


(1)会社内に入れない

「税理士に連絡しますのでそのままで少々お待ち下さい」

 といって、社外で待ってもらいましょう。


 そして、税理士と連絡が取れたら、改めて税理士立ち会いのもとで

 調査を受ける旨を税務調査官に伝えましょう。

 税理士から伝えてもらうのがベストですね。

 (税理士と連絡が取れない場合は、次の(2)を参照ください)


(2)今日は予定があり税務調査を受けられない旨を伝える

「今日は今から別の予定が入って無理なのです」

 今すぐ税務調査を受ける義務はないのです。


 だから、今日は予定がある旨を伝えることが得策です。

 後日、改めて税理士立ち会いのもとで調査を受けましょう。


(3)次の調査予定を決める

「来週であれば○〇日が大丈夫なのですが」

 税務調査を嫌がっているのではなく、ただ日程を変えて欲しいのだ

 という主旨を強調しましょう。

 後日、改めて税理士立ち会いのもとで調査を受けましょう。


 実際、無予告調査をそのまま受けてしまうことで、トラブルになるケースが多くあります。

 調査官は実態を把握しようと、レジや金庫を見たがり、トラブルになるのです。

 無予告調査をその場で受けてトラブルにならよう、この3つの対応方法を参考にしてくださいね。





(2012年10月12日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.