活用しよう!「節税積立制度」

確定申告の時期です。

相談にお越しいただく個人事業者の方に、ご紹介しています。

しかし、結構みなさんご存知ないのでご紹介します。


「経営セーフティ共済」という制度です。

節税積立制度というのは、私が勝手にそのように命名しただけでして。。。


その「経営セーフティ共済」の節税活用法を紹介します。


制度の趣旨は、連鎖倒産防止です。

取引先が倒産してしまったら、売上代金は回収できません。

そんなイザという時に資金手当てをする制度なのです。


毎月、一定金額の掛け金を支払います。

取引先が倒産した場合、最大で掛金総額の10倍の貸し付けを受けられます。

これによって連鎖倒産を防ごうという制度です。


趣旨は連鎖倒産防止なのですが、実は節税にも効果があるのです!

この掛け金は全額経費になります。
(法人でも個人事業者でも経費になります。)


納付月数が40ヶ月以上になると、解約時には100%戻ってきます。

つまり、外部に経費として積み立てるのと同じ効果です!


掛け金は月額5千円~20万円。年額にすると240万円です。

たった240万円と思いました?


掛け始めた初年度だけ480万円まで経費にできる方法があります。

最初は、月払いで支払います。

そして期末月に年払いに契約を変更するのです。

すると、最大で24ヶ月分、つまり480万円が経費になります。


また、将来に資金繰りが苦しくなってしまったら?という心配があります。

そんな場合は、掛け金を5千円まで減額すればよいのです。

解約金が100%となる40ヶ月まで続けることが大事です。


ただし、解約金の取り使いにご注意ください!

支払ったときは経費になる代わりに、解約して受け取ったときは利益になるので!





(2012年02月10日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.