あいづちのタイミング

会話をするときあいづちのタイミングがずれてしまうと、意外なマイナスイメージを与える。

最もよくないのは、相手のリズムより早くあいづちを打つこと。

「本当に自分の言っていることを聞いているのだろうか?」と思われるからである。

自分が理解できているかどうかではなく、話し手がどう感じているかが重要になる。

大社長養成ギプスより抜粋





(2022年09月22日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.