「自慢ネタ」より「自虐ネタ」

人は、他人の自慢話に嫌悪感を持ち、他人の不幸話に優越感を持つ、あるいは共感する。

だから、常に自分の失敗談や家庭内で虐げられている状況など、自虐的なネタを用意しておくことは、コミュニケーションを円滑にする上で有効である。

以前、飼い犬に顔面を噛まれた部長がいたが、彼が一気に人気者になったことは言うまでもない。

大社長養成ギプスより抜粋





(2022年01月13日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.