まずはプレゼント

ターゲット企業または決裁者、ワンマン社長や影響力のある人物宛にサンプル品をプレゼントしよう。

可能であれば、決裁者が参加しているコミュニティにアプローチして、サンプル品を配ってもらう。

そのコミュニティの信頼性を利用させてもらえるため、有効な方法と言える。

実際に商品を使用してもらい、関心を持ってもらえれば、決裁者にアクセスしやすくなる。

大社長養成ギプスより抜粋





(2021年12月27日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.