「やり方」より「あり方」

経営について考えるとき、さまざまな事例を研究したり、いろいろなノウハウについて勉強したりすることは重要である。

しかし、それよりも重要なことは「経営者としてどうあるべきか」というスタンスについて考えること。

周囲の人たちは、あなたが考えているよりもずっと、あなたの発言をよく聴きあなたの行動をよく観ているからだ。

経営者は「やり方」を他人に委ね、「あり方」を意識して行動しなければならない。

大社長養成ギプスより抜粋





(2021年06月09日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.