100人よりも1人からの情報収集

100人から形式的なアンケートを回収するよりも、たった1人でもいいので、本音の言葉を受け取るべきである。

しかし、人はなかなか本音を話そうとしない。

100人に対する中途半端なアンケート結果より、1人から本音の情報を得る方が価値は高い。

何をどのように改善すべきかが見えてくる。

したがって、営業マンがやるべきことは、いかに相手が本音を話してくれるようになるかを考えて行動することである。

大社長養成ギプスより抜粋





(2021年01月08日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.