相手を主語にする

相手を主語にするというのは、一言で言えば、相手の立場に立つということだ。

そんなことが大事などというのは、当たり前過ぎて新鮮味が感じられないかも知れない。

だが、当たり前のことほどできていないことが多い。

うまくいっている企業は、言うなれば当たり前のことが当たり前にできている企業だ。

相手を主語にしているだろうか。

たとえばホームページでもチラシでも、ただの自慢になってはいないだろうか。

「自分は」「自社は」こんなにすごいんです、という内容になってはいないだろうか。

それはお客様にとって、どうでもよいことである。

お客様の興味は、「お客様自身が」どんなメリットを受け取れるかだ。

「自社が」から、「お客様が」「相手が」にシフトしよう。

大社長養成ギプスより抜粋





(2020年12月25日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.