事業計画をつくるときのよくある風景


■事業計画を立てるポイント

~事業計画を立てるときのよくある風景~

「来期の売上目標はいくらですか?」

「経費はどのくらいかかりますか?」

などの質問から、ササッと数字を積み上げて作ってしまう・・・。


こんな、足し算と引き算で作ってしまって大丈夫ですか?


未来のことでも、決まっていることがあります。

○借入があったら、返済額は決まっています。

○利益が出たら、税金がかかります。

○税金は利益から支払わなくてはなりません。

(または、お金を借りて支払うしかありません。結果、将来の利益から返済するので同じですね。)

○税金を支払うとお金は出ていってしまいます。


これらは、あらかじめ決まっています。


借入金の返済が年間500万円あるなら、500万円以上の利益

(正確に言うと、減価償却を含まないで計算した利益)がなければ、資金繰りは回りません。


■借入の返済は経費にはならないので、利益がでます。

では、500万円の利益で充分かというと、そうではありません。

その利益には税金がかかるからです。

その税金分も積み上げた利益が必要だということになります。


なんか、ループのような仕組みです!

このループのような仕組みをキチンと組み込んで計画を立てないと、

意味のない計画になってしまいます。


私が事業計画の作成のお手伝いをする際は、ある事業計画を作成するソフトを使用します。

このループの部分は、専門ソフトで作成した方が漏れがないですから。

(コンピューターの得意とする部分ですから)


ご自分で事業計画を作成する場合や、エクセルなどで作成する場合は、

このループになる部分を気をつけて作成くださいね。


金融機関に意気揚々と提出しても、すぐに穴を見抜かれてしまいます。

この部分を考慮して、事業計画をたてましょう!





(2012年07月10日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.