売上を増やすヒント

「売上が増えない」「売上が減っている」というお悩み

ここ最近、多く頂きます。

確定申告のご相談でも頂きました。

また、メルマガの登録フォームのお悩み欄でも多く頂いています。


「売上が増えない」「売上が減っている」というお悩み多いです。

今日は、売上を上げるヒントをお話します。

売上を増やすというと・・・

「新規のお客さんを増やさなければならない!」

「もっと営業をがんばらなければ!」

「広告やPRをしなければ!」

と思ってしまいますね。


しかし、少し視点を変えて見てみましょう!


売上は次の3つの構成要素から成り立ってるのです。

「客数」×「単価」×「購入頻度」= 売上

たとえば、飲食店の場合を見てみましょう。

○1ヶ月に、500人のお客さん

○客単価は、5,000円

○来店頻度(リピート回数)は、平均2回


(客数)   (客単価)   (来店頻度)
500人 × 5,000円 ×  2回   =500万円


500万円が1ヶ月の売上高となります。

そこで、売上を1.5倍にしたい場合はどうしたらよいでしょうか?


「新規のお客さんを1.5倍に増やす」だけでは、時間もお金も労力もかかります。


確かに、新規のお客さんを増やすことも大切ですが、

3つの構成要素をバランスよく増やすことが大切です。


それぞれの項目が10%増えたとしましょう。

○新規のお客さんを10%増やす。

○客単価を10%増やす。

○来店頻度を10%増やす。


すると・・・

(客数)   (客単価)   (来店頻度)
550人 × 5,500円 × 2.2回 =665万円


それぞれ10%増加すると、売上は33%アップとなるのです。


では、それぞれ15%ずつ増えたらどうなるでしょうか?


(客数)   (客単価)   (来店頻度)
575人 × 5,750円 × 2.3回 =760万円

それぞれ15%増加したら、売上は52%アップとなります。

つまり、1.5倍の売上高になります。

このように、売上は「客数×単価×頻度」で成り立っています。

お客さんの数を増やすことだけが売上増加の方法ではないのです。


売上を増やすという大きな面で考えてしまうと、具体的な方法は見えてきません。

しかし、3つの面に分解してみると、可能性は広がるはずです。


○「新規の客数」を増やすには?

○「客単価」を上げるには?

○「来店頻度」を増やすには?


それぞれ3つの側面から、売上増加の方策を検討しましょう!!!


それぞれが少しの効果でも、先ほどのように大きな売上増加となります。


また、この3つの側面を強化すると、一時期だけの売上増加ではなく、

継続的な売上増加が見込めるようになります。





(2012年03月12日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.