業績を素早く把握するには!?

寒さ本番ですね。風邪などひいていませんか?

私は声がガラガラです。

風邪をひいた訳ではありません。


実は、先日、矢沢永吉さんのライブに日本武道館に行ってきました。

大きな声を出して声がガラガラになってしまいました。。。


「永ちゃんファンです」


と言うと、意外だと言われます。

なぜファンなのかというと、彼の生き方が好きなのです。


業界の慣習にとらわれず、自分のやり方でやってきたこと。

決してスマートとはいえない生き方。

数多くの失敗もして、そこから学んでいる姿。

人に何度も騙されてもいます。

それでも、その失敗にくじけずエネルギッシュな姿に元気が出ます。


私のような永ちゃんファンは多いでようです。

ライブに来る昔からのファンは、矢沢信者です。

そんな信者(ファン)を多くつくれれば、経営上も嬉しいですね。

また、永ちゃんは、ビジネスの感覚が非常に優れている人でもあります。

コンサートでのグッズの販権も、いち早く自分のものとして展開しました。

そのグッズ販売の売れ行きも常に把握し、指示を出しているようです。


ある年のライブツアーで、黄色いバスタオルの売れ行きが悪かったようです。
(あの「YAZAWA」のやつですね)

永ちゃんはその報告を受けて、早速ステージでその黄色いバスタオルを羽織ってパフォーマンスしました。

すると、それを見た観客は、黄色いバスタオルが欲しくなります。

その結果、黄色いバスタオルの売上が上がったのです!

永ちゃんは、常に現状を把握して対策をしているのですね。

さて、前置きが長くなりましたが、前回の続きです。

アンケートで最も多かった内容の
「経営状態を素早く把握する方法」についてオハナシします。


経営状態を素早く把握するには、3つの「経営判断の材料」が必要です。


「縦切り」

「横切り」

「比較対象」


なんのこっちゃ?と思われる方いるかもしれません・・・。


1つめの「縦切り」とは、事業内容ごとに業績を分けて把握することです。


「分けられないよ~」という声が聞こえてきそうですが、

たとえば、売上で考えてみてください。


1つの商品を、1つの場所で、1つの相手に、1つの方法
で売っている訳ではないですよね?

したがって、商品ごとの属性、場所での属性、相手先の属性、売り方の属性
などで業績を分ける事は可能です。


永ちゃんのように、グッズごと(商品ごと)の販売実績が把握できていれば、
素早く対策もできるのです。


自社にあった属性で、業績を縦切りに分けてみましょう。

「縦切り」するのは、売上だけでなく経費も縦切りします。

利益率の悪い商品がいくら売れても、利益は出ません。


その商品ごとの利益はいくらなのか?
(または商品グループごとの利益はいくらなのか?)

その相手ごとの利益はいくらなのか?

などが分かるようになれば、GOODです。

この縦切りが出来ていると、

○全体での業績では見えなかった部分が見えてきます。
 (良い部門と悪い部門)

○業績が悪い部門は、どの部分が悪いのか見えてきます。

○悪い部分が見えてきたら、原因も見えてきます。

難しいことではありません。

まずは属性ごとに部門を分ける縦切りを始めてみてください。


始め方のコツは、最初はあまり細かく縦切りしすぎないことです。


属性も色々あります。

いくつか試してみてから、把握したい属性で縦切りを決めてください。


蛭田事務所の顧問先さんも、定期的に縦切りの属性は見直すようにしています。

事業の規模や状況によって、把握すべき属性区分は変化しますからね。


次回、「横切り」と「比較対象」について解説します。


☆☆編集後記☆☆

この現状を素早く把握する方法は、矢沢永吉さんもやっています。

是非チャレンジしてみてください。


ちなみに、YAZAWAのタオルですが、もちろん私も持っています(笑)

ライブ会場で買って投げます。
(投げるの意味は、分かる人には分かると思います。)

その後は、使わずに大事にしまっているのですけどね(笑)

62歳の永ちゃんから、エネルギーをもらいました!!


永ちゃんの生きざまを知るには、次の2冊がお勧めです。

「成り上がり」
少年時代の生い立ちから成功するまで


「アー・ユー・ハッピー?」
成功してから、裏切りにもあった後の大人の人生観


お正月休みの読書に、いかがでしょうか?





(2011年12月19日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.