大変なとき

大震災以降、経営が苦しい時期が続いています。

お会いする社長さん、ほとんどの方から厳しい状況、不安な心境をお伺いします。

あるメルマガ(「社長と幹部と社員のカン違い」から目を覚ませ!! 」)からの抜粋です。

発行元は、株式会社武蔵野
社長の小山昇氏は、著書に「強い会社をつくりなさい」や「儲かる仕組みをつくりなさい」「経営の見える化」などがあります。

(以下、抜粋)
 こういうご時勢だと、ほとんどの会社が、対前年比101~102%の
 計画を作るのが常ですが、どの会社も“2桁成長”の計画を作りまし
 た。社長は計画時「大変だ」と言いましたが、“大変とは、心を大きく
 変えること”です。

 1、今と同じやり方では、できません。
 2、今と同じ考え方では、できません。
 3、今と同じ人では、できません。

 大変にならないと変えられません。“大変になること”が大切なの
 です。
(ここまで)

経営環境が厳しいのは事実です。
しかし、まず認識と視点を変えてみましょう。
そして、経営に対する捉え方を変えてみましょう。

そのヒントが、あると思います。

経営改善7ステップセミナー





(2011年05月25日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.