採用したい人物像を言語化し共有する

採用したい人物像を問われたら、答えられるだろうか?

「こんな感じの人物」という程度の答えはできると思う。

しかし、その「こんな感じ」というのは、人によってイメージが異なるので、それが明確に言語化され、共有されていることは少ない。

イメージが異なるということは、採用基準がブレるということだ。

貴社はいかがだろうか?

採用したい人物像を言語化し、共有しよう。

大社長養成ギプスより抜粋





(2022年04月19日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.