スペシャリスト紹介


川村中小企業診断士事務所 代表

中小企業診断士 川村浩司

川村浩司(かわむらこうじ) プロフィール

1970年生まれ、千葉県出身 2009年10月、中小企業診断士登録。 地方銀行で渉外担当者として、貸し手側を経験した。近年は、卸売業で財務担当の執行役員として活躍。貸し手・借り手の心理を理解しているのが最大の強みであります。 また、公益財団法人 日本生産性本部の認定経営コンサルタントとして、コンサルティングファームのコンサルティング手法を実践できる点もあげられます。

現在は中小企業診断士として個人事務所を千葉県内で構え、中小企業を中心とした顧客に対するコンサルティング業務を行っております。
中小企業指導実績として「食品製造業に対する総合コンサルティング」「軟包装資材卸売業に対する総合コンサルティング」「バッテリー再生業に対する独立行政法人の助成金申請」、「小売業の経営改善」、「私的整理に対する意思決定サポート」、「ITベンダーの経営革新支援」、「製造業に対する、新規事業進出サポート」、また、習志野商工会議所及び財団法人千葉県産業振興センター等の行政機関での登録専門家として、民間企業に対する幅広いサポートも実施しております。

起業家、経営者の皆様へ

企業価値が高い会社は、外からも内からも「良い会社」であるはずです。この「良い会社」を作り上げるが私の役割であります。経営者の皆さまと膝を交えて、「鳥の視点と虫の視点」を上手く取り混ぜながら、様々な経営課題を一緒に解決させて頂きます。 経営の結果は、財務が入口でありそして出口でもあります。経営改善の好プロセスが財務諸表に対して反映されてこそ改善の兆しが明確になった証です。この証を勝ち取る為には、経営の四要素「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」を切り口として、問題点の洗い出し・課題の明確化・課題解決の立案 に至るワンストップでの支援を行わせて頂きます。

他のメンバーも見る

他のスペシャリストも見る

所長

蛭田昭史

蛭田昭史 ひるたあきちか

蛭田昭史税理士事務所 所長、株式会社創業支援 代表取締役

会計に依存した従来の税理士事務所とは異なった、独特の関与スタイルで行っております。具体的には、「経営管理」「経営助言」を体系的に行う事を目的として「PDCA戦略会計(商標登録申請中)」を導入し、会計のみならず顧問先企業の経営体質強化を図る事に貢献しております。
(中小企業の節税を考える税理士の会所属)

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.