スペシャリスト紹介


行政書士小松原励事務所 代表

行政書士 小松原励

小松原励(こまつばら れい) プロフィール

神奈川県川崎市出身。

1997年、立教大学法学部卒業。同年 司法書士・土地家屋調査士事務所へ入社。土地家屋調査部門に所属し、主として土地や家屋の測量業務や相続税対策(物納制度)業務に従事する。また、司法書士業務として不動産登記や商業登記業務にも携わる。

その後、税理士事務所入社。税務会計全般に従事し、法人・個人を問わず年間約70件の税務申告を推進。行政書士業務として会社設立、建設業・産業廃棄物処理業許可申請、NPO法人設立業務等をはじめ、各関連業種に応じたクライアントと官公庁とのパイプ的役割を担う。

2005年、行政書士小松原励事務所開業。会社設立に関して、新規設立及び個人事業主からの法人設立を手掛け、株式・有限・合資会社の設立に数多く関与する。

起業家、経営者の皆様へ

会計事務所での経験を活かし、経営者の立場になって事業開始計画段階からの許認可制度を含めた事業運営をサポートする事を心情としています。設立申請業務に限らず、経営者をサポートする行政書士業務を行っています。

他のメンバーも見る

他のスペシャリストも見る

所長

蛭田昭史

蛭田昭史 ひるたあきちか

蛭田昭史税理士事務所 所長、株式会社創業支援 代表取締役

会計に依存した従来の税理士事務所とは異なった、独特の関与スタイルで行っております。具体的には、「経営管理」「経営助言」を体系的に行う事を目的として「PDCA戦略会計(商標登録申請中)」を導入し、会計のみならず顧問先企業の経営体質強化を図る事に貢献しております。
(中小企業の節税を考える税理士の会所属)

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.