殴り書きの習慣

領収書の但し書きは具体的に書いてもらおう。

「お品代」はNG。

特に交際費は税務署から細かくチェックされるので、領収書の裏側に「誰」と「何の為」に使ったのかをメモ書きしておこう。

経費の証拠になる。

この証拠があると税務署は否認できない。

ペンを常に持ち歩き、領収書をもらったらすぐその場で殴り書きする習慣をもとう。

大社長養成ギプスより抜粋





(2022年04月25日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.