前期黒字、今期赤字なら「欠損金の繰戻還付制度」を活用しよう!

景気が急激に悪化しているため、今まで好業績だったが、今期決算では赤字に陥ってしまっている企業が多いかと思います。

平成21年度の税制改正で、過去に納付した税金を取り戻せる制度が成立しました。
(元々あった制度です。この停止されていた制度を再び活用できるようになったのです。)

前年度は黒字だった法人が、経営悪化などで今年度赤字に陥った場合、
前年度に納税した法人税の還付を受けることができる制度です。

対象になるのは、平成21年2月1日以後に終了する事業年度、
つまり2月決算事業年度以降の決算からです。

その事業年度に生じた欠損金額については、この欠損金の繰戻し還付制度の
適用ができます。


例で説明します。

【前期】
前期の所得金額が、500万円
前期の法人税額は、500万円×22%=110万円

【今期】
今期の赤字金額が、200万円

この赤字200万円を前期の赤字に充当して、充当する税金分が還付受けられます。

(前期の法人税額)110万円×200/500=44万円

この『欠損金の繰戻し還付制度』を活用して申告をすると「44万円の還付」が受けられます。


法人の利益に係る税金は、
〇法人税
〇法人住民税
〇事業税
の3種類です。

この「欠損金の繰戻し還付制度」は法人税だけの適用ですが、
利益にかかる税金の内、もっとも大きいのが法人税です。

是非、活用してみてはいかがでしょうか?





(2009年06月30日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.