経営者は「やりたいかやりたくないか」で行動してよい

経営者は「やる」と決めたことは徹底してやる必要がある。

しかし、モチベーションを高い水準で維持し続けることは難しい。

そこでもうひとつの判断基準が必要になる。

それは、「やりたいかやりたくないか」。

やりたくないことをやろうと決めても、長続きしないどころか、行動結果の品質に問題が生じる可能性が高くなる。

やりたいことをやるからこそ、モチベーションを維持できるし、従業員のマネジメントもできるようになる。

仕事は楽しくするべきである。

大社長養成ギプスより抜粋





(2021年05月25日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.