年末のご挨拶と来年に向けて

今日で仕事納めという方も多と思います。

今年もいろいろありました。1年間ありがとうございました。


ところで、先日の選挙は自民党の圧勝でしたね。

まあ、自民党の圧勝というより民主党の惨敗でしたか。。。


ただ、今回の選挙結果は、個人的にとても気になって仕方ありません。

今年最後のメルマガは、選挙結果から思った内容を送ります。


今回の選挙の背景には、マスコミの一辺倒な報道とそれに対する情緒だけの判断

によるものだったと思います。

情緒・・・つまり感情だけで判断した結果ではないかと思います。


■肉を切らせて骨を断つ

色々な方とお話していて、「AかBか?」「白かクロか?」

のように、1問1答のやり取りが多くなった気がします。


「プロセスは要らない。答えだけが欲しい!」という印象です。

景気のせいなのか、情報過多のせいなのかは分かりません。

今回の選挙と同じく、「情報」と「情緒」だけで判断したいのだという気がします。


なにか、じっくり自分で考えることができなくなっている・・・。

そしてキチンと議論できなくなっている・・・。

そんな気がしてなりません。


でも、物事は100%白か黒かという事はありません。

特に経営判断をする場面ではそうです。


陰と陽の関係と同じく、どのような出来事もA面では良くても、

B面では良くないというのはよくある話です。


「A面の良さ」と「B面の悪さ」とを考慮して判断をします。

ことわざで言うなら、「肉を切らせて骨を断つ」でしょうか。


■経営判断も肉を切らせて骨を断つ

選挙もそうですが、経営判断も100%正解なものはありません。


有権者に都合のよい話だけをする立候補は、嘘つきです。

または、一部の人たちだけに都合のよい狭い議論しかされていません。


満足(果実)を得るためには、痛みを乗り越えることが必な場面もあります。

いまの日本は、まさにそんな場面だと思うのですが。


コストパフォーマンス(費用対効果)という言葉があります。

売上を上げるには、コストが必要です。

広告費をかけたり、新商品を開発したり、新市場を開拓したり、

新たな人材を確保したりと先行費用がかかります。


その先行費用をかけても、コスト以上の効果が出ると見込むから実行するのです。

コストパフォーマンス効果がある、と見込むから行なうのですね。


経営判断をするときは、このコスト(痛み)と、パフォーマンス(効果)を見定めます。

万が一、予測通りの結果が出なかったら、その原因を追及して、別の方法を試みる。

このPDCAの繰り返しだと思います。


■痛みのない手術?

自分で考えずに、安易に答えを求めるのは、

「痛みを伴わない手術はないですか?」と聞くようなものです。

やはり、100%全方位的に満足な経営判断はないのです。


節税でも同じです。ウルトラCはありません。


来年以降も厳しい経営環境が予想されます。

しかし、自分でキチンと考えて判断できれば、乗りきってゆけると思います。

他人や国に依存して、どうにかしてもらおうと思ってはダメなのですよね。


選挙結果を見ていて、ジョン・F・ケネディの就任演説を思い浮かびました。


「祖国があなたに何をしてくれるかではなく、

 あなたが祖国のために何をできるか考えて欲しい」


自分で現状をキチンと把握して、感情ではなく自分で考えて判断できる。

情緒による判断ではなく、これができれば乗りきってゆけると思います!





→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.