その業種を選び、今も続けている理由はなんですか?

先日参加した経営者向けのセミナーで、講師から質問がありました。


「その業種を選び、いまも続けている理由はなんですか?」


すぐに答えられなければ、経済の荒波を乗り越えることは難しいというのです・・・。


「大震災、円高、構造不況と、世の中の変化が激しくなっている。

 自社の状況を把握できていなければ、急激な変化についていけない。

 ただ反応するだけになってしまう。

 いまのビジネス、いまのやり方を選択し、続けている理由は何なのか。

 惰性で続けているのなら、見直しましょう!」

という事でした。


“その業種を選び、いまも続けている理由”


なかなか出てこないかもしれません。


その講師はさらに続けます。

「いま、自社がどこにいて、どんな状況か分かっている。

 そして、手を打つべきところも見えている。

 そうなっていれば、これから先は違う結果が出るだろう。」と。


そのためには、素早く「業績把握をする体制」が必要です。


つまり、経営判断の材料を揃えられているかどうかですね。


繰り返しで縮ですが、経営判断の材料は次の3つです。

(1)縦切りで業績を細分化する

(2)横切りで部門ごとの利益の仕組みを把握する

(3)比較対象と比較し、素早く現状を把握する

この3ステップで、経営判断の材料は揃います。


○縦切りができていれば、どの部門の業績が変化したのか、すぐ分かります。

○横切りができていれば、変化の原因が分かります。
(また、通常の儲ける力が分かります。)

○比較対象があれば、素早く変化に気付けます。


いま一度、「その業種を選び、いまも続けている理由」を考えてみませんか?

経営判断の材料を揃えていたら、すぐに答えは出ると思います。





(2012年03月29日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.