経営判断の材料~応用編~

ここ数日、本当に寒いですね。風邪も流行っているようです。

私は先週末に少し体調を崩しましたが、皆さんはいかがですか?


さて、先日のブログに「縦切り」「横切り」「比較対象」の説明をしました。

縦切り-「業績を素早く把握するには!?」

横切り-「その部門、採算取れてますか?」

比較対象-「比較対象があると素早く把握できる!」


この「縦切り」と「横切り」は、業績を把握する基礎で、必要不可欠な材料です。

その「縦切り」と「横切り」が出来上がった時の社長さんの反応を順位づけました。

1位 驚き

2位 疑い

3位 納得

1番多いのは、驚く社長さんです。

「この部門がこれほどの業績とは思わなかった!」

「へぇ!この部門の利益率はこんなに良いの!?」


2位の疑いは、信じられない!というものです。

「この部門が、こんなに採算悪いなんて信じられない!」

「この部門は、こんなに利益率が悪いはずがない!」

「間違っているんじゃない!?」


3位の納得は、「大体思った通りだね~」


このように、縦切りと横切りで見えてくるものは、その会社によって様々です。

「驚き」→見えていなかった部分が見えたということです。

「疑い」→誤っていた認識が正しくなったということです。

「納得」→自分の認識と同じだったので安心ということです。


このように感情が動くと、社長さん自身のやる気の追い風にもなるのですね。

やってよかったと思うと同時に、社長さんから質問を多く頂く場面でもあります。

これは、具体的に業績が見えてきたからなのですね。

「縦切り」「横切り」の結果を担当者に確認したり、役員さんに報告したり、
ご自身で何度も確認したり、会議で活用するなど有効に活用していただきます。

これは、とても意味の大きい事だと思います。


縦切りと横切りは、実務的にややハードルは高いかもしれません。

しかし、この縦切りと横切りができれば、後はスムーズです。

縦切りと横切りの後は、以下の手順で経営管理を行なってゆきましょう。

「ステップ1」 認識を新たにする

「ステップ2」 経営判断の材料づくり その1「縦切り」

「ステップ3」 経営判断の材料づくり その2「横切り」

「ステップ4」 望む結果を明確にする 「目標設定」

「ステップ5」 結果を得るための方法を決定する

「ステップ6」 行動した結果を検証する 「比較対象」

「ステップ7」 アプローチの改善  

ステップ1~3で、経営判断の材料の基礎をつくります。

ステップ4~5で、目標をつくります。これが「比較対象」となります。

ステップ6で、目標と結果を検証する。

ステップ7で、必ず結果を手に入れる為のアプローチの改善をする。

基礎が出来れば、後はステップ4~7を繰り返すことです。
いわゆるPDCAサイクルの経営管理の体制ですね。

PDCAと書くと、難しいイメージかもしれませんが、
目標をたてて、成果を見つめながら進めてゆくことです。

スポーツ、ダイエット、試験勉強のスケジュールなど、
実はいろんなシーンで皆さん行なっていることです。

経営も同じことですよね。





(2012年01月13日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.