「成功の法則」と経営は同じ?

世界的に有名なコーチであるアンソニー・ロビンズってご存知ですか?

アンソニー・ロビンズからコーチングを受けた世界的リーダーは多数います。
ビル・クリントン前大統領、故ロナルド・レーガン元大統領、ジョージ・ソロス、クインシー・ジョーンズ、故ダイアナ元妃、テニス・プレーヤーのアンドレ・アガシなど。

そのアンソニー・ロビンズの著書「一瞬で自分を変える法」に記載されていました。

超一流人が実行している「究極の成功方程式」

1)目標をもつこと
 つまり、自分の望みを正確に定義すること。

2)行動すること 
 行動しないかぎり、夢は夢で終わってしまう。
 それも、ただ行動すればよいのではなく、希望どおりの結果を得るために
 1番の近道となるような行動をしなければならない。
 

3)自分の行動の結果が目標に近づいているのか、
 それとも遠ざかっているのかを速やかに判断すること

 だが、行動しても望み通りの結果が得られるとは限らない。
 自分の行動がどんな結果をもたらしているのは、知っておく必要がある。

4)柔軟性を身につけること
 希望通りの結果を手にするために、うまくいく方法が見つかるまで、
 絶えず適応し、調整し、そして臆することなく実行に移すことが必要だ。

 成功した人を見れば、必ずこの4つの段階を踏んでいることが分かる。


つまり、PDCA(計画→実行→検証→アプローチの修正)を行なっているのですね。

このPDCAは、1人で行うよりもコーチングを受けながらの方が、効果はより大きいものになります。

「個人の成功」も「経営の成功」も同じですね。


アンソニー・ロビンズ「一瞬で自分を変える法」

是非、参考になさってください。






(2011年11月16日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.