経理の役割って何だろう!?


経理について、どう思お考えですか?

いきなり唐突な質問ですが。。。


経理については、帳簿をつくる人、振込や手形などお金関係の手続きをする人、総務のような人と考えていませんか?

経営とは、直接関係しない間接部門だと。

辞書にも、経理とは、「会計・給与に関する事務。また、それを処理すること。」と記載されています。


しかし、経理という単語は、もともとは経営管理の略なのです。


ということは、、、

過去の実績を報告する(帳簿を合わせる。数字を合わせる。)のが、本来の仕事ではないということです。

私がお会いする経理担当者の方も、このような認識の方がやはり多いように見受けられます。
(なかには、素晴らしい方も多くいらっしゃいます。)

経理とは、今を見て未来を把握する役割なのです。


○目標(事業計画)と比較して、どの部分が良い(悪い)のだろうか?
 →その原因はなんだろうか?
 →このままいくと、数ヶ月先の業績はどうなろだろうか?

○前年と対比して、今年の業績のよい(悪い)部分はどこだろうか?
 →その原因はなんだろうか?
 →このままいくと、数ヶ月先の業績はどうなろだろうか?

○ここ数カ月の業績をみて、資金繰りはどうだろうか?
→このままいくと、数ヶ月先の資金繰りはどうなるだろうか?

というように。

まあ、経理の方は振込や請求書の発行業務などもあります。

時間には限りがあるので、上記の経営管理を我々がサポートさせていただくのですが。

今日は、経理の(本来の)枠割についてお話させていただきました。





(2010年12月17日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.