「利益と所得のちがいって?」

経営する上で、分かっているようで分かっていない項目です。

「利益と所得のちがいって?」

「赤字なのに、なぜ税金がかかるの?」


利益とは、収益から費用を差し引いたもの です。

これを表示するものが、決算報告書です。


所得とは、税率をかけて税金を計算する金額 です。

これを表示するのが、法人税の申告書です。


よく決算申告書と呼ばれるので、混同してしまいがちですが、性格も目的も違うのです。

今日は、「利益と所得のちがい」について、解説します。


「利益と所得のちがい」は、
「決算報告書と申告書のちがい」であり、
「会社法と法人税法のちがい」でもあります。


まとめます。
例で説明した方が分かりやすいと思うので、例で説明します。


(1)決算報告書

○根拠法 会社法
○目的 利害関係者(株主、金融機関、取引先)に対して企業の財政状態・経営成績の明確な開示するため
○収益-費用=「利益」を導きます。

(例)
売上高  100,000,000円
仕入高   30,000,000円
役員報酬  10,000,000円
給与     30,000,000円
地代家賃  10,000,000円
寄付金    5,000,000円
(個人的な寄付金)
交際費    3,000,000円
旅費交通費  2,000,000円
その他諸経費 5,000,000円
当期利益   5,000,000円 

(2)法人税申告書

○根拠法 法人税法
○目的 公平な課税
○利益+加算項目(法人税法上、経費とはならない項目など)-減算項目(法人税法上、収益とはならない項目など)=「所得」を導きます。

当期利益 5,000,000円
(加算項目)
寄付金  5,000,000円
交際費    300,000円
課税所得金額 10,300,000円


(1)利益金額は、5,000,000円
(2)所得金額は、10,300,000円


法人税額等  約3,586,000円(約35%)になります。
(法人税・事業税・法人住民税)

しかし、利益金額に対しての割合は、約71%!!


たとえば、利益がでていなくて赤字の場合でも、所得金額は黒字で、税金がかかることもあるのです。

「利益」と「所得」、この違いをキチンと認識して行きましょう!!

(利益と所得の仕組みをご理解いただくために、寄付金の取扱いについて極めて簡易に説明していますので、ご了承ください。)






(2008年12月01日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.