PDCA戦略会計について~中小企業に最適な経営管理手法~

私達が提唱している、PDCA戦略会計について、よく質問されます。

「おたくのPDCA戦略会計って他の経営分析手法と何が違うのかと。」

はい。「PDCA戦略会計」は、分析ではありません!

走りながら、経営しながら自社を把握し、私達と共に社長自らも頭を捻っていただき、事業目標・目的に近づくためには、自社のどこに手を打てば良いのかを試行錯誤し、軌道修正してゆくという仕組みです。

企業、特に中小企業さんは、立ち止まっている時間はありません。
分析だけをしている時間はありません。また、ゆっくり分析をしている時間もコストももったいないですね。

走りながら、現状を把握し、軌道修正してゆくには最適なシステムです。

「知覚動考」という言葉があります。

まず、自社を知り、その知識を元に動く。
その上で、動いた結果を踏まえて、改めて考え、軌道修正の案を考える。
そして、また、動く。
そして、動いた結果を踏まえて、改めて考え、軌道修正の案を考える。
の繰り返しです。

敢えて、言うならば、他の分析と違う特徴はこの点だと思います。

私達は、会計事務所ですから、数字・データの表現によるコミュニケーションを顧問先企業と行なっております。そのコミュニケーションは、結果の報告だけでは、効果薄なのです。

私達は、その会社に即した目標を社長さんと共に設定し共有し、その目標達成の為には!?を踏まえた結果の報告をいたします。

その後、その結果の報告を踏まえて、では、次に打つ手は?
を共に、策定します。

余談ですが、とても、もったいないお話があります。

時々、新しく顧問契約いただく顧問先企業さんで、経営コンサルティング会社に経営分析・経営診断してもらって、○○について、改善計画を立案してもらったよ~。というケースがあります。

結構、高い報酬を支払っていらっしゃいます。

分析資料や改善計画書もものすごく分厚くて、社長さんは消化不良を起こしかけていらっしゃいます。

確かに、的を得た分析で、計画もなるほどと頷けるものです。

しかし!!

費用対効果の面ではどうでしょう!?

場合によっては、100万円以上を支払って、外部の方に分析してもらって、経営の指針を出してもらう・・・。

実際に実行できれば、良いのですが、絵に描いた餅になってしまっていませんか・・・?


PDCAサイクルを回し、目標を達成しましょう!!

目標がない組織にゴールはありません。
目標がなければ、達成も反省もありません。
達成がなければ、満足感・幸福感もありません。
反省がなければ、成長がありません。





(2006年07月24日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.