優しい社長の落とし穴

社長を「優しい社長」と「怖い社長」の2つに分けてみると、労務トラブルが多いのは、「優しい社長」の方だと感じる。

なぜなら、優しい社長は、従業員から「言ったら何とかなる」と思われているので、言いたいことを言われやすい環境にあるからだ。

一方、怖い社長は、従業員から「何を言っても意味がない」と思われているので、トラブルになりにくいという一面がある。

もちろん優しい社長が悪いと言っているわけではない。

優しいだけではなく、締めるところは締めたり、見せるところはしっかり見せることだ。

分かりやすく言うと「ナメられない」ことが大事。

優しいのとナメられているのとでは違う。

優しいけどナメられない、このバランスをとりたい。

大社長養成ギプスより抜粋





(2021年06月02日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.