プロフェッショナル 人の育て方

11日放送のNHK「プロフェッショナル」という番組(キャスター茂木健一郎氏)


心臓内科医の延吉正清医師の特集でした。


延吉医師の経歴は、
「独自にアメリカで心臓カテーテル治療を学ぶ。
 最初は心臓カテーテル治療は、異端だと非難浴びる。
 しかし、結果を出し続け、現在は第一人者となっている。」


治療の山場は、詰まった血管をワイヤーで貫く瞬間だという延吉医師。
血管は、直径3ミリ程度。操作を誤れば、血管を突き破る恐れがある。頼りは指先のわずかな感覚。
しかし延吉は、自分の力を信じきり、詰まった血管を、力強くワイヤーで貫く。
これまで4万5千の治療を指揮してきたその圧倒的な経験が、延吉の手に力を与えている。

現在は、学閥に関係なく若い医師を育てることが最後の義務だと、後進の指導に励まれており、現在若い医師18人を育成中。

若い医師を育てる上で、氏曰く

「手取り足取りは教えない」
「私の技術を間近で見て、真剣に自分のモノにしてやろうという気持ちが重要」
「手取り足取りやっても、本当に身につかないから」
「本人の意志、気持ちが重要」


という言葉が、心に残りました。
人の育て方は、医師も同様ですね。

マニュアル化だけではダメで、愛をもって、見守ることが重要ですね。





(2008年03月13日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.