将来受け取れる年金見込み額を知る方法


今回は、「将来もらえる年金額の受給額の通知制度」についてお話します。

社会保険庁が、平成19年(来年)より将来受取れる年金見込み額を20歳以上の人に知らせることになりました。

これにより年金への関心を持ってもらうことが目的と考えられます。

内容は、
○過去に支払った保険料額
○現時点での年金額
○年金需給開始時期
○受給開始に達したときの見込み額(50歳以上の方)


新聞には社会保険庁の年金支給ミスが頻繁に載っています。
転職を数多くした方の支払状況記録の漏れが大半を占めたそうです。

この記録は、社会保険事務所で行っている年金相談でしかわからないので、実際に確認することは必要です。そして、その中で、過去の支払履歴も教えてくれると思います。が、ここは漏れがないかしっかりと確認しましょう。

ずっと専業主婦になっているからミスも間違いもないと思う方もいるかもしれません。

実は申請方法が変更(法律改正)されたりもしています。まさかと思っているあなたにも記録漏れがあるかもしれませんよ。
実際に、多いので私もびっくりしています。


社会保険労務士 日高徹





(2006年11月22日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.