起業時に大切なもの

今日は、最近あったエピソードについて書きます。

新しく事業を始める場合に必要なものについて実感したからです。


先日、新しくオープンしたイタリアンレストランにランチを食べに行きました。

私はいつも混雑している12時台を避け、13時を過ぎてからランチを取ります。

その日も13時半に、その新しいお店で食事をしていました。

新規オープンなので、お店のインテリアも真新しく、お店で働くスタッフの人達も張りきっていました。


13時50分ころ、4人のお客さんが来ました。

お客さん 「ここ禁煙?」

お店のスタッフ 「はい。」

お客さん 「じゃあ、いいや。」

と出て行ってしまいました。

メニューをよく見ると禁煙タイムは、12時~14時です。
あと10分で禁煙タイムは終わるのです。

さっき、ひと言お客さんに、
「今は禁煙ですが、あと10分で喫煙できますよ~。」
と伝えれば、そのお客さんは入店したかもしれないのです。

お店のルールでは、禁煙タイムは「12時から14時まで」と決まっています。

そのスタッフは忠実に、“業務”をこなしたのでしょう。

しかし、少し機転を利かせて、ひと事付け加えられたら、
そのお客さん達は入店してくれたかもしれないのです。

○その4人のお客さんから口コミで、更にお客さんが増える可能性。
○そのお客さんが常連さんになる可能性。
などが、なくなってしまいました。


起業時に大切なものは、計画だとずっと言い続けていますが、

計画以上に、起業する本人とスタッフの心意気だと思います。

何もかもマニュアルで縛ることはできません。

良いお店だったのに、勿体ないという気持ちから書いてしまいました。

頑張ってほしいものです。

表題にもある「起業時に必要なもの」、それは心意気という事です。





(2009年07月07日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.