元気な企業のキーワード!

景気後退局面が続いています。

そんな中でも、黒字を継続している元気な企業があります。

中小企業庁が、平成20年9月に「元気なモノ作り中小企業300社」を発表しました。
(アンケート調査は、帝国データバンクが行ったようです。)

中小企業は、高度なモノ作り技術により日本産業の国際競争力を
支える経済活力の源泉となっています。

私が注目した特徴としては、

他社が参入していないニッチ市場(すきま市場)に特化している。

です。

これから創業する場合、景気の悪化と共に業績も悪化
してしまうビジネスは避けたいものです。
今回の景気後退は特別かもしれませんが、景気の波は
今後も上下が必ずあるからです。

誰もが注目するビジネスではなく、オンリーワンのビジネス
を行いたいものです。
オンリーワンのビジネスというと、どうしても開発をして特許
を取得するようなものを想像されるでしょうが、違います。

本来あるビジネスに1つスパイスが加われば、もうオンリーワン
だと思います。

今回のアンケート結果では、凄い開発をした企業がピックアップ
されているのではなく、誰もが目をつけないニッチ市場で勝負しています。

たとえば、
プラネタリウムのトップメーカー
(東京都府中市、㈱五藤光学研究所)

大量生産に向かないプラネタリウム市場に参入し、手作業による
レンズ研磨を武器に大手海外メーカーと比較して10分の1の価格
を実現したことで世界的企業へと躍進し、世界シェア40%にまで
昇り詰めた。


屋根材製造業
(長崎県松浦市、中興化成工業㈱)

ガラスクロス等の工業用クロスにフッ素樹脂を含浸(コーティング)
するコア技術の工業化に成功した。
その甲斐あって、国産初のドーム用屋根膜材である「スカイトップ」が
北京オリンピックメインスタジアム、ワールドカップ南アフリカ大会の
スタジアム屋根材等にも採用された。

景気に左右されないオンリーワン、探しましょう!!

「不景気は商売がうまくいかない原因ではなく、
  平等に与えられた条件にすぎない」    藤田田(日本マクドナルド創業者) 





(2009年02月06日公開)

→ 定期的に無料セミナーを開催中。詳しくはこちら。

「誰が対応するの?」スタッフ紹介
お客様の声「蛭田会計の特徴」
616人の社長が購読中 「安心経営」通信 クリックして無料購読申し込み
.